風俗店での女性の待機方法には、「個室待機」、「集団待機」、「自宅待機」、「店外待機」などの方法が存在してきますが、結局のところデリヘルに関していえば「事務所待機」という方法が一番主流となってくるのではないかと思われます。
要するに、お店のスタッフが電話応対などをしている事務所と待機所が隣り合って設置されているパターンのことをいいます。

スタッフがいる事務所は、オフィスのような造りになっている一方、待機所の場合はどちらかというと家庭的な印象を持ちます。
テレビやパソコン、雑誌はもちろん電子レンジや仮眠スペースなどの働く女性がリラックスできる空間が設けられています。
これらの良い点といえば、仕事やプライベートなことなどの悩みを、すぐにスタッフなどに聞いてもらえるというところになってくるのです。
やはり、風俗のお仕事というのは一般のお仕事よりもストレスが溜まってしまうお仕事でもあります。
ましてや、風俗のお仕事をしているという点でいえばプライベートも決して充実しているともいえません。

そういった悩みというものを真摯になって受け止めてくれるのがお店のスタッフでもあり、それも仕事内容の一つでもあるのです。
この事務所が居心地が良すぎて、家に帰らない女性も中にはいるようなのです。
このように、一言に風俗嬢といっても様々な待機方法が用意されています。
結局のところ、どんな待機方法でもメリットがあり、その裏にはデメリットも存在してきます。

また、待機中のストレスは実際のサービスにも反映されてしまうことが多いようです。
ですので、「自宅待機」でストレスから解放されるような待機方法を使うのか、仕事の悩みやプライベートな悩みを聞いてもらいやすい「事務所待機」を使うのか、またまた空いた時間を有効活用するべく「店外待機」を使うのかは、本当に女性によって様々になるというのが本音でもあります。
これがお客様に対しての接客にも左右されてくるのであれば、全く関係がないと思われている男性客にも多少は影響されてくるものではないかとも思われます。

お客様というのは高いお金を出してデリヘル遊びをしていますので、そのお客様に対して気持ちよくなってもらうための最適な待機方法を選ばなくてはならないのではないでしょうか。
経験の長い女性ほどこの待機方法にはこだわっている傾向にあります。
どうでもいいことのように思えますが、この待機方法にこだわるのもプロのお仕事の一つになってもくるものなのです。

デリヘルの待機方法には様々な方法があります。
「個室待機」、「集団待機」、「自宅待機」、「店外待機」、などの待機方法があるのです。
働く女性にとってはこの待機方法というのも重要な部分であり、この待機方法でお店を選ぶという女性も決して少なくはないのです。
とはいえ、結局は指名が入ったら待ち合わせ場所や指定の場所に自ら出向くか、ドライバーに自宅や待機場所まで迎えに来てもらってお客様サービスに入るという点では何ら変わりはありません。
ですが、自宅や屋外であればそれこそ「完全なプライベート」ですから、「個室待機」よりもさらに女性側のプライベートは守られるのです。

しかし、これらの待機方法はデリヘル経営者から見るとわざわざ迎えに行かなければならないですし、最悪の場合すっぽかされるリスクもあるので面倒くさい方法というのも事実であります。
にも関わらず、こういった待機方法を採用している理由にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、待機所をわざわざ設けると無駄なコストがかかるというものが出てきます。
デリヘルというのは単価の高い商売ですから、お客様からの問い合わせが来れば1度のサービスで大きな利益を得ることができます。
ですが、一方でデリヘルを利用できるお客様というのもかなり多いわけではなく、どうしてもその日に電話が鳴らないというケースもありえるのです。
このようなリスクがある中、待機所に女性を待たせ、待機所の家賃を払うのは無駄だとデリヘルのオーナーは考えているのです。

次に、お客様にストレスを与えないためという理由もあるようです。
タバコの臭いや待機所での芳香剤などの臭いを漂わせながらお客様に接客をするとなる場合もあります。
そういったことにも神経を使う女性も少なからずいるのです、
それを失礼だと思う女性にとっては、自宅待機のなどのような好きな場所での待機方法が何のストレスもなく、そしてお客様にもストレスを与えることなく接客ができるということにつながるのです。

最後に、お客様などに自分の身元がバレないようにという考えでこういった待機方法を好む女性もいます。
一般的に、ソープランドやファッションヘルスよりもバレにくいといわれているデリヘルであっても、待機所を設けてしまうと出入りを見られてしまったり、他のお嬢様に個人情報を口外されてしまうリスクが伴うのです。
そういったことを避けるためにも、自宅待機や店外待機を好む女性というのが存在してくるのです。

風俗嬢の待機中の過ごし方というのは人それぞれになってきます。
1人ひとりの個室が与えられている待機所の場合は、インターネットが使い放題になっている事が多く、そこまで暇を持て余すようなことはありません。
ですが、この間を使ってお客様を必死に呼ぼうと努力している女性と、そうでない女性とでは自ずとお給料に差というものが生まれてくるものなのです。
そういったこともあり、個室待機よりも集団待機を好む女性というのも少なからず存在してきます。

ちなみに、待機所をあえてパーテーションで区切らずに、お互いに会話ができるような状況での待機方法を集団待機といいます。
友達と一緒に入店したので待機中に会話をしたいという女性や、初めての風俗のお仕事なので他の女性に相談したいという女性には人気の待機方法でもあるのです。
もちろん、集団待機とはいえども待機室での飲食や携帯の充電もできます。
しかし、集団待機はやはり複数の人が同じ空気を吸っているので、トラブルというものが何かとあるのも事実なのです。

たとえば、「聞かれたくないようなプライベートな部分を聞かれる」、「タバコの臭いが気になる」、「隣で電話の声がうるさい」、といったことで悩まされる女性も少なからずいるのです。
正直なところ、これらのようなことぐらいであればそこまでトラブルというものにまで発展はしないでしょう。
ですが、お嬢様同士の嫉妬から、盗難や個人情報を掲示板に書かれてしまうという実例もないわけではないようです。

そこで、こういったトラブルを防ぐためにも、あえて集団待機の規則を厳しくするという手段をとるお店もあります。
こういった事情もあるため、女性には集団待機よりも個室待機のデリヘル店のほうが人気があり、これらの待機方法もお店選びの大きな要因になっているようです。
これの発展系として、「自宅待機」という方法を取っているデリヘル店も存在してきます。

「自宅待機」とは、文字通り待機所に出勤する必要がなく、いつでも呼ばれたら出られるような状態でいることを条件に自宅にいるという待機方法になります。
後、「店外待機」というのもあり、「店外待機」というのは携帯電話で直ぐに連絡が取りやすいところであれば、事務所に近い商業施設や喫茶店、レストランや書店など好きなところで自由に過ごしていてもいいという待機方法なのです。
この「自宅待機」や「店外待機」という待機方法を優先的にお店を選ぶ女性がいるほど、これらは人気の高い待機方法でもあるのです。