引越しの際の子供たちへのプレゼント

子供がいたらよく学期末になると引越しの為に転校する子供たちがいます。

幼稚園の時から小学生の頃までそんな子たちはお別れ会を開いてもらい、最後に必ずクラス全員分のハンカチや鉛筆、ノートといった粗品を準備し、それを今までお世話になったプレゼントしてもらってきていたものです。 私はちの時代なら、引っ越しし、転校する時はお別れ会だけで済み、さようならというものでしたが、今の時代はそれだけではいけない事が子供を通じて感じていました。

そんな我が家もついに引越しをする事になってしまったのです。転校をしなければならず、これまで子供に聞いていた事を、今度は当事者として考えなければならなくなってしまいました。 我が家には長男、長女の2人の子供がいます。一クラス35人としてそれが2人分、70個の今までお世話になったお礼のプレゼントを準備しなければいけません。 ただでさえいろいろと引越しの準備で忙しい時にです。 https://www.sou-un.jp/

しかし、みなさんが普通にやっていらっしゃった事を、我が家の子だけがやらないのではあまりにかわいそう、ということで、時間のない中でのプレゼント探しです。 女の子の喜びそうなものはだいたい分かりますが、問題は男の子ですね。 予算一人100円前後として、なかなかこれといったものを見つける事ができません。 さすがに疲れきって以前違う子が引越す時にいただいた事のあるハンドタオルを見つけやっとプレゼントが決まりした。

家に帰り、100円ショップで買ったラッピングの材料で子供たちと一つ一つラッピングをしていきました。 何度も言いますが、この時期は本当に忙しいのです。 こんな大変な作業を行ってこられたこれまで転校されていかれたお母様達は素晴らしいと思いました。これが終わってやっと引っ越しの準備に取り掛かる事ができました。

ペットは家族といいますが

今や家族の一員といわれるペット。中でもここ数年、ペット産業は不況にもかかわらず売り上げが全体的に伸びています。
特にうさぎや猫や犬が大人気で。ペットと暮らす住宅事情も工夫されています。私はどちらも飼っていますがそれぞれの種に魅力があり、本当にペットの存在は日常生活において大きな存在を占めています。
犬は従順でよく言うことを聞いてご飯の時もせかさずじっと待ちます。
反対に猫は帰ってきても犬のように出迎えたりせず、お腹がすいた時だけ甘えてきます。
こういう違いも非常に面白く、なるほどなと感心してしまいます。
ただペットと飼うということは、命を背中に背負うということです。ペットを迎えるのは誰でもすぐに出来ますが迎えてからが大変なのです。

まず世話のなかで必ずするべきことはトイレです。犬も猫も大体、一日2回糞尿をします。一年でおよそ大体600個のウンチを片付けなくてはいけません。10年以上だと何千個も。そしてご飯と水も一年でおよそ500回、さらに医療費、ペット用品の補充、ごみの処理、一匹だけでもこんなに大変なのです。人間の子供は数年もしたら手がかからなくなりますがペットの場合、一生飼い主が手を貸さなければいけません。

こうして数字にすると改めて恐ろしいです。ペットの存在はとてもいとおしいものですが、お金もかかるし気軽に旅行にも行けません。まして近所へのマナーや不幸な命を増やさないよう不妊手術も必須です。

このように 命を背負うということはとても贅沢なことなのです。そして自分と向き合うことでもあり修行だと思います。一度飼う前に10年先のこともよく考えて決断するのをお勧めします。

便秘解消法は白湯を飲むことが重要

長年便秘症で悩んでいたので、今まで色々と試してみました。乳製品を食べたり、食物繊維を取るなど数多く、便秘改善に効果あるものは試してみましたがこれといってピンとくるものもないので、どうしたものかな〜と思い、ふと朝起きたあとに白湯を飲んでみると、お腹が急にゴロゴロいいだして、トイレへ行きたくなったので驚きました。

今まで冷たい牛乳を飲んでも何ともなかったのですが、白湯を飲んだあとすぐに腸が活発に動いたので、これを続けることにしました。便秘解消法は、白湯を飲むことでかなり効果が有ると思い、まず朝起きてからコップ1杯の白湯を38度程度の温度にして、ゆっくり飲むようにしています。

暑い白湯はやけどをするので、きちんと冷ましてから飲むことがポイントになります。量を増やしても朝起きてすぐなので胃に負担がかかり、1日快適に過ごせないかもしれないので、まずはコップ1杯程度の白湯は体への負担も少なく体を温める効果も抜群にあるので効果を実感できます。

白湯を飲むと胃から腸へと伝わっていくのがわかりますし、体の内側からしっかりと温まっていくのが実感できるので冷え性も改善できるので、一石二鳥です。便秘症は冷えも影響あると思い、白湯を飲むことで体も温かくなり新陳代謝も上がるので、朝寒い時期も暖かく迎えることができるようになりました。白湯は、体を目覚めさせる効果もあり、じっくり内側から温めるので朝もスッキリと過ごせ、便秘解消法としては十分対応できます。

自律神経の乱れが原因の便秘

自律神経のバランスが崩れると、便秘になると聞いたことがあるかと思います。 自律神経は人が生きるための指示を出している器官だと言われています。 心臓を動かす、血液の循環、体温調整、睡眠などの他、 食べ物を消化する働きも自律神経からの指示による働きです。

自律神経と腸の働きはかなり密接な関係にあります。 その自律神経が乱れてしまうと、腸の働きも狂ってしまうのです。 そのため、自律神経の乱れが原因で便秘になってしまうことがあるのです。 そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経の2種類があり、 そのバランスは1:1であることが理想な状態です。 ただ、自律神経は繊細な器官で、日常のちょっとしたことにも影響されます。 本来であれば、2~3時間もすれば、その乱れは元に戻るのですが、疲労やストレスが続くと、 その乱れはどんどん蓄積され、バランスが崩れたままの状態となってしまいます。

腸の働きを活発にするのは副交感神経です。 緊張やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ、交感神経優位の状態が続くと、 腸の働きが鈍くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。 こういった場合の便秘を解消するには、 やはり原因である自律神経のバランスの乱れを整えることが大切です。

自律神経の乱れを整えるために一番大切なのは、規則正しい生活を送ることです。 十分な睡眠、バランスのいい食生活、適度な運動といった健康的な生活を心がけることで、 自然に自律神経が整い、便秘解消へと繋がります。 ただ、中には自律神経の乱れによって、なかなか十分な睡眠をとることができないことも多いでしょう。

そんな時には、日中の適度な運動が最適です。 日光を浴びることで作られるセロトニンというホルモンから、夜にメラトニンというホルモンが作られます。 そのため昼間に、日光を浴びながら適度な運動をすることが、快眠へと繋がる改善策となります。 この他、鏡の前で作り笑いしたり、わざと深いため息をつくといった好意も、 実は自律神経を整える効果があるのです。

交感神経が優位の状態であると、どうしても緊張して呼吸が浅くなりがちです。 ため息をすることでしっかり吐くができるので、自然に深い呼吸に繋がり、リラックス効果が得られます。 逆に、副交感神経が優位にある時には、腕を上げながら短い呼吸をする方法が最適です。 朝寝起きのだるい時などに効果的です。雨などで気分が落ち込むのも、 副交感神経が優位になっている状態です。 そういった時には明るい服を着ることで交換神経を刺激することができます。 自律神経の乱れが原因の便秘は、日常生活での過ごし方を少し変えていくだけで、 かなり効果的に改善できます。

どうしよう便秘が続いておならが止まらない

皆さんは、便秘になった事がありますか?女性の皆さんは特に便秘になった事が多いまたは、 常に便秘という方が多いのではないでしょうか。 普段よりおならが沢山出る時って大抵便秘の時が多くないですか。 家に居る時なら良いのですが、学校や会社はたまたデート中などにおならが 止まらなくて恥ずかしい思いをしたという事になるのは嫌ですよね。

実は、便秘が続くとおならが出やすくなる原因があるのですが、その原因と解消法を探ってみました。 まずは、おならのメカニズムなのですが、おならは、 70%が口から飲み込んだ空気で残りの30パーセントが腸の中の悪玉菌と善玉菌が 活動するときに発生すると言われています。 そうして腸内に溜まったガスであるおならの主な成分は、窒素、水素、二酸化炭素からできていて ニオイは食べたものによって変わります。

便秘が続くと腸の中の環境が悪くなってしまい悪玉菌が増えてしまいます。 悪玉菌は、繁殖すると便を腐らせてしまうのです。便が腐敗するときに 先ほどの成分であるガスが発生するのですがこれがおならです。 更に悪い事にそういう時のおならは臭いもきつくなります。 長い間腸の中にとどまるわけですから腐った便の臭いが強くなりおならも臭くなるのです。

だからといって、おならは大人の人特に女性なら羞恥心もあり、 どこでもかしこでも出来るわけでは無くてかなり我慢を強いられる状況があります。 しかし、おならを我慢すると腸内はガスでいっぱいになってしまい、 腸の中がおならでいっぱいになり他の内臓をも圧迫して腹痛になることがあります。 この痛みはかなり強くなる場合があり、原因不明で病院へ行きレントゲンを撮って貰ったら ガスが沢山貯まっていたのが原因だったという事もあるようです。

この様に、便秘が続くと日常生活に支障が出る事が発生します。 大事なテスト、会議は大抵周りが静かな状況が多いですよね。 それなのに便秘が続き腸内からのガスが発生して物凄くおならが出そうそうなるともう集中できません。 中座できる状況なら良いのですがなかなか厳しい時もありますよね。 そんな目に遭わないために、日常から便秘を解消する方法ですが色々あります。

意外に有効なのが猫のポーズです。ヨガなどで良くやるポーズですがこれが効果があります。 猫のポーズを何度か繰り返し行いたまに全く違う方向へ身体を向けていると突然おならが出たりするのです。 腸の中のガスを流す効果がある様です。 そして、腸も働きが良くなるのか軽い便秘なら解消することがあります。

また、食生活についてひとまず野菜中心の生活を送ってみてください。食物繊維はやはり有効です。 あとは、便秘解消薬などに頼るのもいいかもしれません。 ただし、これは次の日お休みで家に居れるようにしてください。 かなり激しく症状が出る事も在りトイレが近くにないと大変です。 また、お茶でセンナ茶というものがありますが、これも人によってはとても効果があるそうです。 ただし妊婦さんなどは危険な場合があるので お医者さんに確認してから大丈夫なら試してください。

この様に、便秘とおならは切っても切れない関係なのです。便秘が続くと何だか身体も重だるくなります。 おならが出るととても苦しいし集中できない事も増えますよね。 日頃から自分に合った便秘対策をして快便でおならが余りでない生活を目指せると良いですね。

にがりを飲んで手軽に便秘解消しましょう

便秘は、とても苦しくて酷くなると吐き気なども発生してくる人もいて日常生活に支障が出ますよね。 でも、日本人で便秘に悩まされている人はとても多いのです。 この便秘が解消出来たらどんなに毎日快適に過ごすことが出来るでしょう。 にがりという食材をご存知ですか。このにがりには、健康に役立つ効果が沢山あるのです。

にがりの作り方は、海水を煮詰めてしばらくするとドロドロの液体が残ります。 これを細かい網目のザルでこします。すると、ザルに塩が残り下にどろっとした液体が落ちます。 これがにがりです。ミネラルたっぷりの成分です。

にがりと聞いてまず思い出すのは、豆腐に使われているという事ではないでしょうか。 豆腐を固める時に入れる液体ですが、これが便秘に効果があるのです。 にがりの成分の中で塩化マグネシウムというものが含まれているのですがこれが便秘を解消するのです。 実は、この塩化マグネシウムは市販されている下剤にも使用されています。 にがりが、腸内で水分を吸収することで便を柔らかくしてくれる上に、 水分を吸収した便が膨張することで腸の蠕動運動が促進されて便秘の解消につながるのです。

このにがりは、市販されていてスーパーなどでも手軽に入手できるので、 これを毎日飲んで便秘解消すればいいじゃないかと思いますが、いくつか注意点があります。 塩化マグネシウムが腸内で働き便秘の解消を促す効果があるのですが、 塩分も多く含まれているため摂りすぎると塩分摂取が多くなってしまいます。 そのため、腎臓疾患、心臓疾患、高血圧の方は注意が必要です。

さて、にがりの実際の摂り方ですが、一番基本的なのはお水に混ぜて飲むことです。 にがりには、味が付いているので大量には入れません。 大体コップ一杯に数滴入れて飲みましょう。間違っても、そのまま直接飲むのはやめてください。 塩分濃度も高く内臓もあれてしまいます。 また、スープや味噌汁に入れるのもいいでしょう。味がまろやかになります。 後は、炊飯前のコメに数滴たらすと古いお米でも美味しく炊けるそうなので一石二鳥ですね。 魚や肉を煮込む時に入れると灰汁をとってくれますし、 野菜と一緒に煮込むと煮崩れを防いでくれるので煮物などを作る際に使用すると綺麗に出来上がります。

この様に、料理に対する凡庸性が高いので色々日常に取り入れて無理なく便秘解消を目指せるのです。 にがりの効果は人によって違います。同じ量を飲んでも下痢気味になる人もいるので、 そういう場合は次回からは少し量を減らすなど自分に合ったにがりの量を研究して試してみてください。

意外と知られていない便秘の原因になりやすい腹筋の低下

その日の体調気分を大きく左右するもの、それが便が出るかどうかということであり、 快便であればすっきり気持ちよく外出ができるのですが、便秘になってしまうと憂鬱になり、 不安な気持ちのままのスタートということになるでしょう。

便秘で悩む人たちはたくさんいて、ちょっと忙しくして便秘持ちであることを忘れてしまうかのような 生活をすると数日便が出ないということはよくあることです。 女性が便秘になると肌荒れなどの問題が起こることがあり、それだけ敏感になります。 便秘から痔になることも少なくありませんので、 毎日特に朝にトイレですっきりと便を出すことを心がけることは極めて大切なことです。

便秘対策には、生活習慣の改善や食べるものに注意すること、 便通によいとされる食べ物を食べることなどが必要ですが、それ以外にもできることがあります。 それが腹筋を鍛えることであり、意外にもあまり知られていない便秘解消法となっています。

食事や生活習慣の改善を試してみても便秘に悩まされている人たちは、 この腹筋を鍛えるというエクササイズで解消を試みてみることができるでしょう。 しかし腹筋を鍛えることでどうして便秘解消につながるといえるのでしょうか。

それは腹筋の低下や衰えにより、その下にある腸の働きが鈍りやすいということなのです。 特に女性で主婦などはあまり外に出ることがないかもしれず、腹筋は緩くなってしまいがちです。 また男性のたるんだお腹というのは腹筋が衰えているといえるかもしれません。

そうしたことによって腸の動きが弱くなり、結果として 便秘になりやすい体になってしまうということなのです。 そのような弛緩性便秘は腹筋を意識的に鍛えることで改善される可能性が高いです。 便を押し出すような強い腹筋の力を身につけることは確かに効果があります。

とはいえ、腹筋を鍛えるというのは筋トレで汗を流すとか、どこかのトレーニングジムに通うとか、 そこまでのことが必要なのではありません。 無理のし過ぎは別の問題を起こすかもしれませんのでほどほどがいいのです。 身近にできることとしては早歩きのウォーキングとか、水泳、ジョギングなどもいいものです。

軽いストレッチをしてみることも改善につながります。 いつもはエレベーターで上がるところを階段を使うだけでも効果があります。 激しい運動ではなく、継続してできる軽い運動を心がけるようにしていけば腹筋は少しずつ鍛えられていき、 腸の動きは活発になっていき、結果として便秘の改善につながっていくことでしょう。 そして堅い便であったとしてもそれを押し出せるだけの腹筋力で、すっきりさせることができるのです。

水分を多く摂ることで便秘が解消する可能性もある

1度なるとなかなか治らないのが便秘ですが、便秘を治す方法は情報として多く出回っているので、1つ1つ試していくと良いと思います。便秘を治したいときに試すことができる方法のうち、1番簡単な対策としては水分を摂るというものがあります。

水分が不足しているようなケースでは便秘になりやすいとされており、そういった人は水分を多めにとることで改善される可能性があるのです。というのも、便というのは水分がかなり多く含まれているため、水分が不足すると、便自体が作られない可能性があり、それによって便秘になってしまうことがあるからです。

水分が不足していると便秘になりやすいということは水分を多く摂れば便秘になりづらいということが言えます。したがって、普段水分をそこまで多く摂っていない自覚がある人は特に水分をいつもよりも意識して多めに摂っていくと良いのではないでしょうか?それによって少しでも便秘がよくなる可能性がありますから。

水分を多く摂るというのは、1番簡単に行える便秘対策だと思うので、便秘で悩んでいる方は全員に実践してもらいたいですが、他の方法とも組み合わせることができますから、そうやって少しでも多くの対策を実行して便秘を改善に向かわせていきましょう。