どんなお仕事でも必ず休憩というものがあるように、風俗店で働く女性でも休憩という名の「待機」というものがあります。
この待機というのは、要するにお客様の接客をしていない時間のことを指します。
風俗店で働く女性のお給料というのは完全歩合制でありますので、お客様の接客をしていない間はお給料が一切発生しません。
ですので、その接客をしていない時間というのは自然と休憩ということになるのです。
その待機中の過ごし方というのは女性によって様々になるのですが、以外にこの待機中の過ごし方の善し悪しでお店を選ぶ女性も決して少なくはないのです。

では、お客様を接客していない間の待機中の過ごし方にはどういったものがあるのでしょうか。
基本的に、デリヘルをはじめとする多くの風俗嬢は、お客様がつかない時間を「待機所」で過ごします。
ちなみに、無店舗型のお店であるデリヘルでは、ソープランドやファッションヘルスのように店舗というものがありません。
しかし、お問い合わせがあったらすぐに女性をお客様の元に送り届けられるように、多くのお店は事務所の近くに「待機所」と呼ばれる出勤している女性を集めて待っていてもらう場所を設けています。

そしてこの待機所なのですが、一般的なデリヘルの場合は「個室待機」か「集団待機」という2つの方法が採用されている場合がほとんどなのです。
デリヘルの「個室待機」というのは、名前の通り個室に1人で女性が待機するスタイルのことをいいます。
完全に個室の場合もありますが、多くの場合は広い部屋をパーテーションで細かく区切ったネットカフェのような状態になっています。
完全ではないものの、基本的には個人ブースが設けられているので他のお嬢様の目を気にせず待機できるのです。
お店によって様々になるのですが、中にはネットカフェ同様にマッサージチェアが用意されていて、場合によっては小さなテレビやパソコン、ネット設備が1人ひとりに与えられることもあります。
これだけみれば、相当快適に過ごせる場所となっていたりもするのです。
ですが、この待機所の過ごし方でさらに売れる女性とそうでない女性に分かれる結果になったりもします。

たとえば、ネットが使い放題をいいことに自分の趣味だけに時間を費やすような女性は稼ぎに少しは遅れが出るような気もします。
ちなみに稼ぐ女性というのは、ここでお客様に営業メールをしたり、写メ日記の更新を頻繁に行ったりすることでお客様を呼ぼうと努力をしているものなのです。
そのお客様を呼ぼうとする努力こそが、本指名というものにつながり、自分のお給料へと反映されていっているのです。
もちろん、休憩中の過ごし方というのは自由であるのですが、こういった努力こそが高収入につながるということだけは知っておいたほうがいいような気もします。