デリヘルの待機方法には様々な方法があります。
「個室待機」、「集団待機」、「自宅待機」、「店外待機」、などの待機方法があるのです。
働く女性にとってはこの待機方法というのも重要な部分であり、この待機方法でお店を選ぶという女性も決して少なくはないのです。
とはいえ、結局は指名が入ったら待ち合わせ場所や指定の場所に自ら出向くか、ドライバーに自宅や待機場所まで迎えに来てもらってお客様サービスに入るという点では何ら変わりはありません。
ですが、自宅や屋外であればそれこそ「完全なプライベート」ですから、「個室待機」よりもさらに女性側のプライベートは守られるのです。

しかし、これらの待機方法はデリヘル経営者から見るとわざわざ迎えに行かなければならないですし、最悪の場合すっぽかされるリスクもあるので面倒くさい方法というのも事実であります。
にも関わらず、こういった待機方法を採用している理由にはどういったことがあるのでしょうか。
まず、待機所をわざわざ設けると無駄なコストがかかるというものが出てきます。
デリヘルというのは単価の高い商売ですから、お客様からの問い合わせが来れば1度のサービスで大きな利益を得ることができます。
ですが、一方でデリヘルを利用できるお客様というのもかなり多いわけではなく、どうしてもその日に電話が鳴らないというケースもありえるのです。
このようなリスクがある中、待機所に女性を待たせ、待機所の家賃を払うのは無駄だとデリヘルのオーナーは考えているのです。

次に、お客様にストレスを与えないためという理由もあるようです。
タバコの臭いや待機所での芳香剤などの臭いを漂わせながらお客様に接客をするとなる場合もあります。
そういったことにも神経を使う女性も少なからずいるのです、
それを失礼だと思う女性にとっては、自宅待機のなどのような好きな場所での待機方法が何のストレスもなく、そしてお客様にもストレスを与えることなく接客ができるということにつながるのです。

最後に、お客様などに自分の身元がバレないようにという考えでこういった待機方法を好む女性もいます。
一般的に、ソープランドやファッションヘルスよりもバレにくいといわれているデリヘルであっても、待機所を設けてしまうと出入りを見られてしまったり、他のお嬢様に個人情報を口外されてしまうリスクが伴うのです。
そういったことを避けるためにも、自宅待機や店外待機を好む女性というのが存在してくるのです。