にがりを飲んで手軽に便秘解消しましょう

便秘は、とても苦しくて酷くなると吐き気なども発生してくる人もいて日常生活に支障が出ますよね。 でも、日本人で便秘に悩まされている人はとても多いのです。 この便秘が解消出来たらどんなに毎日快適に過ごすことが出来るでしょう。 にがりという食材をご存知ですか。このにがりには、健康に役立つ効果が沢山あるのです。

にがりの作り方は、海水を煮詰めてしばらくするとドロドロの液体が残ります。 これを細かい網目のザルでこします。すると、ザルに塩が残り下にどろっとした液体が落ちます。 これがにがりです。ミネラルたっぷりの成分です。

にがりと聞いてまず思い出すのは、豆腐に使われているという事ではないでしょうか。 豆腐を固める時に入れる液体ですが、これが便秘に効果があるのです。 にがりの成分の中で塩化マグネシウムというものが含まれているのですがこれが便秘を解消するのです。 実は、この塩化マグネシウムは市販されている下剤にも使用されています。 にがりが、腸内で水分を吸収することで便を柔らかくしてくれる上に、 水分を吸収した便が膨張することで腸の蠕動運動が促進されて便秘の解消につながるのです。

このにがりは、市販されていてスーパーなどでも手軽に入手できるので、 これを毎日飲んで便秘解消すればいいじゃないかと思いますが、いくつか注意点があります。 塩化マグネシウムが腸内で働き便秘の解消を促す効果があるのですが、 塩分も多く含まれているため摂りすぎると塩分摂取が多くなってしまいます。 そのため、腎臓疾患、心臓疾患、高血圧の方は注意が必要です。

さて、にがりの実際の摂り方ですが、一番基本的なのはお水に混ぜて飲むことです。 にがりには、味が付いているので大量には入れません。 大体コップ一杯に数滴入れて飲みましょう。間違っても、そのまま直接飲むのはやめてください。 塩分濃度も高く内臓もあれてしまいます。 また、スープや味噌汁に入れるのもいいでしょう。味がまろやかになります。 後は、炊飯前のコメに数滴たらすと古いお米でも美味しく炊けるそうなので一石二鳥ですね。 魚や肉を煮込む時に入れると灰汁をとってくれますし、 野菜と一緒に煮込むと煮崩れを防いでくれるので煮物などを作る際に使用すると綺麗に出来上がります。

この様に、料理に対する凡庸性が高いので色々日常に取り入れて無理なく便秘解消を目指せるのです。 にがりの効果は人によって違います。同じ量を飲んでも下痢気味になる人もいるので、 そういう場合は次回からは少し量を減らすなど自分に合ったにがりの量を研究して試してみてください。