自律神経の乱れが原因の便秘

自律神経のバランスが崩れると、便秘になると聞いたことがあるかと思います。 自律神経は人が生きるための指示を出している器官だと言われています。 心臓を動かす、血液の循環、体温調整、睡眠などの他、 食べ物を消化する働きも自律神経からの指示による働きです。

自律神経と腸の働きはかなり密接な関係にあります。 その自律神経が乱れてしまうと、腸の働きも狂ってしまうのです。 そのため、自律神経の乱れが原因で便秘になってしまうことがあるのです。 そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経の2種類があり、 そのバランスは1:1であることが理想な状態です。 ただ、自律神経は繊細な器官で、日常のちょっとしたことにも影響されます。 本来であれば、2~3時間もすれば、その乱れは元に戻るのですが、疲労やストレスが続くと、 その乱れはどんどん蓄積され、バランスが崩れたままの状態となってしまいます。生酵素サプリおすすめランキング

腸の働きを活発にするのは副交感神経です。 緊張やストレスなどにより自律神経のバランスが乱れ、交感神経優位の状態が続くと、 腸の働きが鈍くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。 こういった場合の便秘を解消するには、 やはり原因である自律神経のバランスの乱れを整えることが大切です。

自律神経の乱れを整えるために一番大切なのは、規則正しい生活を送ることです。 十分な睡眠、バランスのいい食生活、適度な運動といった健康的な生活を心がけることで、 自然に自律神経が整い、便秘解消へと繋がります。 ただ、中には自律神経の乱れによって、なかなか十分な睡眠をとることができないことも多いでしょう。

そんな時には、日中の適度な運動が最適です。 日光を浴びることで作られるセロトニンというホルモンから、夜にメラトニンというホルモンが作られます。 そのため昼間に、日光を浴びながら適度な運動をすることが、快眠へと繋がる改善策となります。 この他、鏡の前で作り笑いしたり、わざと深いため息をつくといった好意も、 実は自律神経を整える効果があるのです。

交感神経が優位の状態であると、どうしても緊張して呼吸が浅くなりがちです。 ため息をすることでしっかり吐くができるので、自然に深い呼吸に繋がり、リラックス効果が得られます。 逆に、副交感神経が優位にある時には、腕を上げながら短い呼吸をする方法が最適です。 朝寝起きのだるい時などに効果的です。雨などで気分が落ち込むのも、 副交感神経が優位になっている状態です。 そういった時には明るい服を着ることで交換神経を刺激することができます。 自律神経の乱れが原因の便秘は、日常生活での過ごし方を少し変えていくだけで、 かなり効果的に改善できます。