個室待機のほうが人気

風俗嬢の待機中の過ごし方というのは人それぞれになってきます。
1人ひとりの個室が与えられている待機所の場合は、インターネットが使い放題になっている事が多く、そこまで暇を持て余すようなことはありません。
ですが、この間を使ってお客様を必死に呼ぼうと努力している女性と、そうでない女性とでは自ずとお給料に差というものが生まれてくるものなのです。
そういったこともあり、個室待機よりも集団待機を好む女性というのも少なからず存在してきます。

ちなみに、待機所をあえてパーテーションで区切らずに、お互いに会話ができるような状況での待機方法を集団待機といいます。
友達と一緒に入店したので待機中に会話をしたいという女性や、初めての風俗のお仕事なので他の女性に相談したいという女性には人気の待機方法でもあるのです。
もちろん、集団待機とはいえども待機室での飲食や携帯の充電もできます。
しかし、集団待機はやはり複数の人が同じ空気を吸っているので、トラブルというものが何かとあるのも事実なのです。

たとえば、「聞かれたくないようなプライベートな部分を聞かれる」、「タバコの臭いが気になる」、「隣で電話の声がうるさい」、といったことで悩まされる女性も少なからずいるのです。
正直なところ、これらのようなことぐらいであればそこまでトラブルというものにまで発展はしないでしょう。
ですが、お嬢様同士の嫉妬から、盗難や個人情報を掲示板に書かれてしまうという実例もないわけではないようです。

そこで、こういったトラブルを防ぐためにも、あえて集団待機の規則を厳しくするという手段をとるお店もあります。
こういった事情もあるため、女性には集団待機よりも個室待機のデリヘル店のほうが人気があり、これらの待機方法もお店選びの大きな要因になっているようです。
これの発展系として、「自宅待機」という方法を取っているデリヘル店も存在してきます。

「自宅待機」とは、文字通り待機所に出勤する必要がなく、いつでも呼ばれたら出られるような状態でいることを条件に自宅にいるという待機方法になります。
後、「店外待機」というのもあり、「店外待機」というのは携帯電話で直ぐに連絡が取りやすいところであれば、事務所に近い商業施設や喫茶店、レストランや書店など好きなところで自由に過ごしていてもいいという待機方法なのです。
この「自宅待機」や「店外待機」という待機方法を優先的にお店を選ぶ女性がいるほど、これらは人気の高い待機方法でもあるのです。