事務所待機が主流

風俗店での女性の待機方法には、「個室待機」、「集団待機」、「自宅待機」、「店外待機」などの方法が存在してきますが、結局のところデリヘルに関していえば「事務所待機」という方法が一番主流となってくるのではないかと思われます。
要するに、お店のスタッフが電話応対などをしている事務所と待機所が隣り合って設置されているパターンのことをいいます。

スタッフがいる事務所は、オフィスのような造りになっている一方、待機所の場合はどちらかというと家庭的な印象を持ちます。
テレビやパソコン、雑誌はもちろん電子レンジや仮眠スペースなどの働く女性がリラックスできる空間が設けられています。
これらの良い点といえば、仕事やプライベートなことなどの悩みを、すぐにスタッフなどに聞いてもらえるというところになってくるのです。
やはり、風俗のお仕事というのは一般のお仕事よりもストレスが溜まってしまうお仕事でもあります。
ましてや、風俗のお仕事をしているという点でいえばプライベートも決して充実しているともいえません。

そういった悩みというものを真摯になって受け止めてくれるのがお店のスタッフでもあり、それも仕事内容の一つでもあるのです。
この事務所が居心地が良すぎて、家に帰らない女性も中にはいるようなのです。
このように、一言に風俗嬢といっても様々な待機方法が用意されています。
結局のところ、どんな待機方法でもメリットがあり、その裏にはデメリットも存在してきます。

また、待機中のストレスは実際のサービスにも反映されてしまうことが多いようです。
ですので、「自宅待機」でストレスから解放されるような待機方法を使うのか、仕事の悩みやプライベートな悩みを聞いてもらいやすい「事務所待機」を使うのか、またまた空いた時間を有効活用するべく「店外待機」を使うのかは、本当に女性によって様々になるというのが本音でもあります。
これがお客様に対しての接客にも左右されてくるのであれば、全く関係がないと思われている男性客にも多少は影響されてくるものではないかとも思われます。

お客様というのは高いお金を出してデリヘル遊びをしていますので、そのお客様に対して気持ちよくなってもらうための最適な待機方法を選ばなくてはならないのではないでしょうか。
経験の長い女性ほどこの待機方法にはこだわっている傾向にあります。
どうでもいいことのように思えますが、この待機方法にこだわるのもプロのお仕事の一つになってもくるものなのです。